子どもの「基本的信頼」を育てる目的

By | 2015年6月10日

0歳〜1歳児の子育てのときに育てなければならないこと=「基本的信頼」。

「基本的信頼」=人間としての「土台」になるもの。

「基本的信頼」=「人を信じる力」「自分を信じる力」。

この土台が育っていないと、自分を信じることができずに、「不安」になる。

2015-06-10 18.39.14

独り言:ちゃんとやれてたのかな・・・ただただ必死だった、母親1年生時代の私。二人目の時はさらに必死だったです。だからなのかーーー!>うちの息子たちよ。彼らが自分に自信を持って、ポジティブに取り組み切れない原因は、母親である私にあったのかもしれない。ごめんね・・・。(;_;)

[P12-4行目まで] by YK

Category: 1-子どもにとって絶対的に必要なこと

About Koyama

木のおもちゃ カルテットのスタッフ。2児の母です。 幼児時代は仕事に追われ、小学校時代までご飯をつくるので精一杯。中学校からは弁当作りを途中で挫折し、なんかもうダメダメな自分に甘い母親でした。 今となっては親ともまともに話してくれなくなり。「もっと小さいときに手をかけておけばよかった・・・!」と、あっという間に過ぎてしまった子育て時期を悔やんでおります。思えば、手間がかかるのはたった数年間でした。「もっといろいろ我慢もしつつ、楽しめばよかったのに!」>当時の自分!育児とは、私の時間を彼らにちゃんと分けてあげることだったのだな、とこの本を読むと今更ながらわかりました。「この本の内容が、できるだけたくさんの方に届きますように・・・!」と思いながら執筆しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です