聞きたい気持ちを育てる

By | 2015年6月25日

聞きたい楽しい話を話してあげることで、聞きたい気持ちは育つ。

子どもは、強い刺激にまるで吸い込まれるように引っ張られる。
一見、集中して見ているように見えても、本当は強い刺激に圧倒されているだけ。

小さな音、静かな音は、子どもの環境にとても大切。

子どもが起きている時間はテレビを消すだけでも、集中力が生まれ、落ち着いて話を聞くようになる。

大人の時間と子どもの時間は違う。生活パタンを分ける。

6ae569e128cc14fd3105e1bc44776513_s

<独り言>
長男が小さい頃、主人が毎晩深夜まで会社の残業で帰ってこれなくて、子育てに自信が持てない私は、寂しくてテレビをつけて2人で主人を待っていました。だから寝るのは毎晩0時だったと思います。今ならそんな家庭はたくさんあるでしょう。そんな皆さんに、ぜひ「テレビを消して早く寝てあげてください。寂しかったら、絵本を読んであげて!」と伝えたいです。あ〜〜、あの頃に戻って、やり直せたら!!!!

[P30-4行目まで] by YK

Category: 2-子どもは遊ばなければ成長できない

About Koyama

木のおもちゃ カルテットのスタッフ。2児の母です。 幼児時代は仕事に追われ、小学校時代までご飯をつくるので精一杯。中学校からは弁当作りを途中で挫折し、なんかもうダメダメな自分に甘い母親でした。 今となっては親ともまともに話してくれなくなり。「もっと小さいときに手をかけておけばよかった・・・!」と、あっという間に過ぎてしまった子育て時期を悔やんでおります。思えば、手間がかかるのはたった数年間でした。「もっといろいろ我慢もしつつ、楽しめばよかったのに!」>当時の自分!育児とは、私の時間を彼らにちゃんと分けてあげることだったのだな、とこの本を読むと今更ながらわかりました。「この本の内容が、できるだけたくさんの方に届きますように・・・!」と思いながら執筆しています。