最初は崩すことから

By | 2015年7月6日

赤ちゃんが、初めて積木に出会ったその日から
積木を積むということはありませんね。
崩してしまうのです。

こんなふうに積んでみなさい、
と大人が積んで見せれば見せるほど、崩してしまうことさえあります。

それでは積木を与えるのがまだ早かったのでしょうか?
決してそうではないのです。

2012-03-01-22.53

「崩す行為」に、そんな意味があったのかと
驚く反面、確かに!とすごく納得できました。

大人は、完璧を求めたがりますよね。
大人というよりも、できる人はと言ったほうがいいのかもしれません。

積むことのできる人は、すぐ答えに考えがいってしまいますが、
未経験の人にとっては、全てが驚きと発見の連続!
こうすると積めない!押すと崩れる!
いろんなことを確かめながら積めるようになっていくんですね。

積木に関わらず、大人になってからも、
そういう経験の連続だなと感じました。

できない事、はじめての事に失敗を繰り返しながら根気強く取り組んでいく
何事も楽しみながら取り組もうという気持ちになりました。

[P46まで] by M.S

Category: 3-自然の法則を身につける積木遊び

About shinoda

読書が大好き、絵本・児童書が大好きでたまらない、木のおもちゃ カルテットのスタッフです。 好きだけど、どうして好きなんだろう?どうして必要なんだろう?その答えがこの本にはつまっています。知識が、自信と確信を与えてくれました。 少しでも多くの子ども達、そして関わる大人達が幸せを感じ、日々を楽しんで過ごしてもらえるように、この本のエッセンスが届きますように、と執筆しています♪