「積む」ことに気づく

By | 2015年7月8日

ネフスピールは、簡単な積み方があって、
45度ずらすとしっかり組み合わさり、簡単には崩れません。

子どもが、半分ずらすことによって、
5個、10個と積めるようになるわけです。

大人が遊んで見せてあげることが大事なのです。

110701_0654~01

<独り言>
上の写真は、
秩序性が目覚め出した娘が2歳半頃に、
積み木をずらりと並べてみせてくれた時のもの。

ネフスピールは我が家に最初にやってきた積木でした。
当時2歳の娘が、初めて見る積木を
不思議そうに眺めていました。

私がいろんな積み方を挑戦してみたり、
お兄ちゃんが「遊び方ガイドブック」を見ながら
一生懸命積み方を研究していました。

そうするうちに
娘は2個積んでみる、5個積んでみる・・・と段階を経て、
全部積めた時には
「お母さん、見て!」とどや顔で報告してくれました。

もう娘は6歳。
4年たった今でも、
私が時折遊んでいると近寄ってきて、
一緒に遊んでいます。

[P47 11行目まで] by AO

ネフ社/naef ネフスピール 今ならカルテットオリジナル木箱と遊び方パターンブック(非売品)付 | 積み木 (スイス)
ネフ社/naef ネフスピール 今ならカルテットオリジナル木箱と遊び方パターンブック(非売品)付 | 積み木 (スイス)

 

Category: 3-自然の法則を身につける積木遊び

About A O

木のおもちゃ カルテットのスタッフです。中学校2年生の息子と、小学校2年生の娘の母親。おもちゃの良さを分からずに、流行のマスコットやデジタルゲーム漬になった息子の子育て。保育園に預けて、全然絵本の読み聞かせをしなかった娘。入社してからおもちゃを見直し、一緒に木のおもちゃで遊び、1~2歳児向けの絵本から読み聞かせをスタート。今までの子育てを方向転換して実践中です。2人のわが子やお客様の、実際におもちゃで遊んだ様子をお伝えしていきます。