世界でいちばん恐ろしい昔話

By | 2016年5月23日

「かちかちやま」は、世界でいちばん恐ろしい昔話といってもいいくらいです。

でも、だからこそ、ウサギが、徹底的に仇をうつのです。

そしてタヌキという悪は滅びていくのです。

子どもの純粋な心に、「正しいことは正しい」ということがきちんと根を張るだけの印象を与えるのです。

isbn4834007693

よい絵本に描かれる昔話の世界は血生臭くありません。

残虐、残酷には描写しない。

子どもがその空想の世界で、象徴的に想像できるような表現で、昔話の世界を見事に描いています。

 

<独り言>

世界で世界でいちばん恐ろしい昔話…気になって、大人になってからは初めて読んでみました。
子どもの頃は、その物語の恐ろしさをあまり理解せず、「悪いことをしたら、あとから自分に返ってくるんだ」と思っていましたが、大人になって読むと、その恐ろしさに衝撃を覚えました。
昔話から、いくつになっても学ぶことが出来るんですね。
その他の昔話も、もう一度読んでみたいと思います。

[P137 14行目まで] by K.I

Category: 13-昔話は本物を読む

About iijima

木のおもちゃ カルテットのスタッフです。店頭でのお子さまとの触れ合いが何よりも楽しく、幸せな時間です。毎日お子さまの笑顔に癒されながら仕事をしています。実際のお客様からの声、お子さまの様子も交えながら紹介していきたいと思います。