一人ひとりに見通しを持つ保育者であれ

0

Posted by 藤田篤 | Posted in 保育環境コンサルタント・保育環境コーディネーター養成講座, 子育てコンサルタント 藤田の子育て講演セミナー, 藤田篤の保育実践講座 | Posted on 03-09-2013


このエントリーをはてなブックマークに追加

保育園では、0歳から5歳までの子どもたちが、全員違う個性で成長しています。

保育士は客観的に自分のクラスの子どもたちの個性を把握しつつ
全体の成長のプロセスを設計するのがその役割です。

一緒に生活しお世話をすることを通じて、子どもたちとの信頼関係を築き
一人ひとりの興味と成長に応じて、料理のメニューの様に、次の遊びに誘うのです。

よい保育者は、目の前の子どもたちが、何を喜び、何を嫌い
どこに向かいたいのかを見通す力があります。

一人ひとりに対して、近い目標と課題、遠い目標と課題を用意して
そのことに誘うのです。



Comments are closed.