2日目 ◆ ドイツ・おもちゃ作りの心に触れる旅 2018

0

Posted by mana_goto | Posted in よもやま話, スタッフ日記, ドイツ・スイス・おもちゃに出会う旅 | Posted on 02-02-2018


このエントリーをはてなブックマークに追加

グーテンターク!スタッフ後藤です♪
ドイツ研修「おもちゃ作りの心に触れる旅 2018」に来ています。

2日目は、宿泊先ではじめての朝食!
チーズがとっても美味しくて、朝から幸せいっぱいでした(*^^*)
27650872_1533545250095102_630787580_o

朝食を終え、朝からワイマールの散策へ!
そこで素敵なおもちゃ屋さんを発見♪
ケーセン社のおおきなクマがお出迎え。
ワイマールのおもちゃ屋さん

あいにく開店前だったのでお店には入れませんでしたが、
外からはカルテットでも人気のグリムス社製品や、
おなじみのハバ社のドイツゲームがいっぱい!

カルテットにもあるおもちゃを本場ドイツでみかけると、
ついつい嬉しくなってしまいますね!

朝の散策を終え、フレーベル博物館へ。
世界で初めての幼稚園をフレーベルが作ったその場所に
フレーベル博物館があります。
フレーベル博物館

ここでは、館長さんと学芸員さんによるゼミナールを受講。
フレーベルの考え方や、恩物での遊びの展開、そのエッセンスを学び…
27604791_1533956216720672_2077011560_o

27605369_1533955790054048_67917200_o

ワークショップ形式で実際に恩物に触れ、遊びを体験。
27707322_1533952756721018_1850465685_o

使ったのは、ジーナ社製の第四恩物
27653461_1533952536721040_1219009230_o

実際に体験することで、その遊びの意味を体感的に学ぶことができました。
子ども達は恩物を使って、生活の形、美しい形、数学的な形を表現・理解します。

生活の形というのは、いわゆる見立て。
8つの積木を全て使って、それぞれに作品づくりに取り組みます。
27650356_1533953720054255_1442544555_o

思い思いのものを作り、それぞれ発表します。

「こうやってすぐに作れる大人もいるけれど、遊べる大人ばかりではない」と館長さん。
”世界中におもちゃの魅力、遊びの意味を伝えていきたい。
それぞれの立場から発信し続けよう”と熱く語り合いました(*^^*)
27605906_1533952320054395_1373262266_o

そして全員無事に、ゼミナールの修了証をいただくことができました!
27604273_1533955293387431_1832185542_o

それぞれの場所で同じ気持ちでおもちゃと向き合っていることが分かり、
おもちゃと遊びの必要性や価値について改めて考えさせられました。

たっぷり学んだドイツ研修2日目。
研修3日目はフレーベル博物館での学びをふまえて、フレーベル幼稚園を訪れます♪



Comments are closed.