大型園庭遊具 「夢の遊具」の設置工事中 カルテット保育事業部のお仕事

0

Posted by 藤田篤 | Posted in 保育園の園庭を極める, 保育環境コンサルタント・保育環境コーディネーター養成講座, 藤田篤の保育実践講座 | Posted on 07-12-2017

タグ: , , , , , , ,

豊田市の園庭大型遊具の導入、設置工事現場の確認に行ってきました。

大型園庭遊具01 - コピー

遊具、玩具の導入はカルテット保育事業部

スタッフ後藤が担当。

大型園庭遊具02 - コピー

園庭、屋内のおもちゃについて、私がコンサルティングをさせていただいています。

 

丁度、本体の設置が完了し、本体周辺のパーツが追加されていました。

大型園庭遊具03 - コピー

 

実はこの遊具

公園の滑り台についている、いわゆる 「滑り台の階段」は取りつけません。

子どもたちに、手や足の動かし方をしっかり意識させるために

ネットや、登り棒、ボール、ロッククライミングを 「よじ登って」いかないと

滑り台でも滑れない

物見やぐらにも 登れないよう設計しています。

子どもたちは、小さな勇気と決断、チャレンジを積み重ねて

成功体験を自分のチャレンジで、手に入れるのです。

 

身体的な発達を保証する生活環境が、子どもたちの身近にはなくなってしまいました。

今回は、

コンセプトに沿って

子どもたちがチャレンジできる遊具を設計をしています。

 

出来上がりが楽しみです

大型園庭遊具

 

カルテット保育事業部

⇒保育環境コンサルティングについて

短大の授業のお手伝い 岐阜市立女子短期大学 生活デザイン学科にて

0

Posted by 藤田篤 | Posted in オーナーのプライベート, メディアでの紹介, 保育環境コンサルタント・保育環境コーディネーター養成講座, 子育てコンサルタント 藤田の子育て講演セミナー, 実店舗でのエピソード, 藤田篤の保育実践講座 | Posted on 05-12-2017

タグ: , , , ,

ネフの積木の大ファン

岐阜市立女子短期大学、小川先生のご依頼を頂き

授業のお手伝いをすることになりました。

 

岐阜市立女子短期大学は、全国でもきわめて少ない

デザインを学べる公立短期大学。

デザインを学ぶ生活デザイン学科には

・ファッション専修
・建築・インテリア専修
・ヴィジュアル専修

があり、熱心に学生が学んでいます。

岐阜市立女子短期大学_02

小川先生は、ネフ社のデザインにほれ込んでいる

ネフファンの1人

その話だけでも時間があっという間。

今回の授業では、カルテットという実在する「おもちゃ屋」を

教材にしていただくことになりました。

岐阜市立女子短期大学_01

デザイナーの卵の皆さんのお役に立てるのを

楽しみにしています。

二本木幼稚園で ネフの積木を使っての講義開講

0

Posted by 藤田篤 | Posted in よもやま話, 保育室の積木・おもちゃ・環境, 藤田篤の保育実践講座 | Posted on 25-07-2017

安城市二本木幼稚園にて

フレーベルメソッドに基づく

積木の講義を行いました。

17071402

生活の中で出会った物を振り返る様促し

積木で連想させ、記憶力、認知力を刺激することを狙いとして

一つ一つの積木の特徴を生かした

プレゼンテーションを行いました。

17071401

個々の経験によって発言に躊躇いがでないよう

園児の発話、発言は一人ひとり丁寧に受け止め、肯定的に共感し

集中力を高めましょう。

17071404

高い精度、芸術性の高い積木は表現力、創造力をのばす

最良の保育教材。

想像力を刺激し、肯定され講師との信頼関係が生まれ

クラスが意欲的な集団になります。

17071403

仮説を立て、実験し、実証される事象によって

自分の仮説を評価する。

目の前のアングーラを使ってその経験をします。

ここにいるのは、ノーベル賞を受賞する科学者と同じプロセスで

推論を展開する 小さな科学者たちです。

17071407 17071406 17071405

この子達が、自信と自己肯定感を持ち

科学的思考力を備えて将来の日本、世界を明るくするのです。

 

是非あなたも、ドイツ・フレーベル博物館での

フレーベルゼミナールに一緒に参加して

DSC08094

子どもたちに素晴らしい積木遊びを提供しませんか?

フレーベル博物館でのフレーベルゼミナールを含む

ドイツ視察研修は、日本知育玩具協会が企画しています。

 

ネフの積木講座のご依頼は、カルテット保育事業部にご相談ください。

おもちゃで学べる幼稚園を作るために 保育環境コーディネーター®養成講座開講

0

Posted by 藤田篤 | Posted in よもやま話, 保育室の積木・おもちゃ・環境, 保育環境コンサルタント・保育環境コーディネーター養成講座, 知育玩具協会主催セミナー, 藤田篤の保育実践講座 | Posted on 22-04-2017

タグ: , , , , ,

セントレアから2時間のフライト

女満別空港に降り立つと

そこからは道東の広大な自然が待っていました。

ドイツの農村を思わせるジャガイモ畑の向こうには標高1547mの斜里岳が迎えてくれました。

写真 2017-04-03 16 05 10

この道東で待っていてくれたのは幼稚園の先生たち。

おもちゃについて、理論的に学びたいというご相談に応え

【保育環境コーディネーター®養成講座2級基礎】

の団体受講を開講。

 

幼稚園の祖 フレーベルは

「遊びを通して学ぶ場」として、ドイツで幼稚園を作り

積木をはじめとしたさまざまなおもちゃを

遊ぶ教科書(道具)として与えました。

17040402

フレーベルが目指した幼稚園(キンダーガルテン)は

おもちゃで学ぶところだったのです。

 

小学生が 国語、算数、理科、社会という 「科目」 で学ぶように

幼稚園では

ままごと遊び = お世話遊び、役割遊び、お店やさんごっこ

(机での)机上遊び = ブロック、(平面)構成遊び、ドイツゲーム、マンダラ塗絵

などが体系的に学ぶテーマになります。

そうです。

遊ぶことで総合的に

社会性、自然法則、言語・コミュニケーション能力、論理性、直観力を

意欲的、主体的に身につけるのです。

17040401

おもちゃの分類と

クラスの人数に応じたおもちゃの種類、量の公式を学び、

自分のクラスに必要なおもちゃを自分で構想していくワーク。

これは みんながワクワクします。

子どもにとって、楽しい保育室は、大人にとってもワクワクな保育室なのです。

17040403

さあ

子どもたち、どんなおもちゃで遊ぶことになるのか、楽しみです。

保育士が主体的に取り組む保育を目指す

0

Posted by 藤田篤 | Posted in 保育室の積木・おもちゃ・環境, 保育環境コンサルタント・保育環境コーディネーター養成講座, 藤田篤の保育実践講座 | Posted on 07-04-2017

埼玉県の保育園で

想像力を育てる保育とおもちゃの選び方・与え方の

園内研修をしました

IMG_2049

詳しくは保育事業部ブログ

玩具を充実させる保育園の取り組み 保育士が主体的に取り組む保育

 

知育玩具インストラクター養成講座に密着!  NHKまちかど情報室

0

Posted by 藤田篤 | Posted in よもやま話, メディアでの紹介, 知育玩具インストラクター養成講座, 藤田篤の保育実践講座 | Posted on 03-04-2017

NHKニュース「まちかど情報室」にて
日本知育玩具協会の理事長と講座への密着取材があり、
知育玩具インストラクター2級養成講座が紹介されました。

そして、受講生の受講後の変化について紹介されました。

↓ 動画 3:30

保育士、子育て中の父親、母親が受講する 知育玩具の与え方の講座として注目されている

161223_03_web

知育玩具インストラクター講座

161223_02_web

よい知育玩具で遊べば遊ぶほど、子どもたちの能力は高まっていくのです。

受講生の親子にも密着

はるくんの想像力溢れる遊びに

新井アナウンサーも

見ている私たちもワクワク、ドキドキです。

161223_07_web

現在受付中の知育玩具インストラクター養成講座はコチラ

慈恵福祉保育専門学校で「保育と知育玩具」の講演

0

Posted by 藤田篤 | Posted in 保育室の積木・おもちゃ・環境, 藤田篤の保育実践講座 | Posted on 04-03-2017

岡崎市 慈恵福祉保育専門学校 に お招きいただいて

「保育と知育玩具」についての講演をしました。

17030405

フレーベルにはじまる

知育玩具の発達との関わりを

幼児教育の視点

発達心理学の視点

児童精神分析の視点

玩具文化の視点

17030403

を交え、学生の皆さんにも

現役の保育士、幼稚園教諭の皆さんにも分かりやすくお話ししました。

17030402

ハンマートイを与えるタイミングは、

「出来るようになるちょっと前」

なぜなら、知育玩具は 「発達を獲得するツール」

つまり 教科書だからです。

肩、肘が発達して叩きたい欲求が芽生えてくる頃

まだ叩くのがおぼつかない頃に与えるから

夢中に叩き、正しい遊び方で遊んで、達成感を得るのです。

 

17030401

何故、1歳の子どもは積木を崩すのか

積木を崩す行動は、自らの五感を満たす「探索行動」。

手を伸ばし崩すことで、自らの感覚を高め、積木の性質を学んでいるのです。

つまり、崩すことが積むことの「学習」。

そして

良い積木を与えられた子どもは、感受性が豊かになり、想像力が育つのです。

 

今まで、「子どもの困ったこと」に見えていたことは

全て発達の理由が隠されているのです。

 

 

 

「心を育てる絵本の読み聞かせ」 金沢市玉川こども図書館で

0

Posted by 藤田篤 | Posted in 子育てコンサルタント 藤田の子育て講演セミナー, 絵本・ファンタジーで遊ぼう♪, 藤田篤の保育実践講座 | Posted on 25-02-2017

タグ: , , , ,

金沢市 玉川こども図書館にお招き頂き

「心を育てる絵本の読み聞かせ」について

ボランティアの皆さん

保育士の皆さんにお話をしました。

17022306_mini

保育の中での集団への読み聞かせ

興味や絵本の習慣の確立に差がある子どもたちへの向き合い方

貸し出しの活性化について

一方

お子さん、お孫さんとの絵本のかかわり方について

悩みは様々

17022302 - コピー

また

絵本の選び方や、読み方についても様々な情報があって悩んでいる

17022301

そんな皆さんの解決になるよう

「何故」絵本でなければならないのか

絵本を読むことに、どんな「価値」があるのか

から理解し

自分自身で、自分の絵本がどれだけ子どもに理解されているかを

確認する方法をお話しました。

17022304

そして

絵本好きの子どもたちが、何故積木遊びが上手になるのか

おもちゃと絵本の秘密についてお話しました。

「なぜ絵本好きのこどもは積木遊びが上手なのか 絵本と積木と「想像力」の関係の秘密」

 

 

客観的な 子育て、科学的な保育をしよう

0

Posted by 藤田篤 | Posted in よもやま話, 保育室の積木・おもちゃ・環境, 保育環境コンサルタント・保育環境コーディネーター養成講座, 子育てコンサルタント 藤田の子育て講演セミナー, 藤田篤の保育実践講座 | Posted on 18-02-2017

3月4日は
慈恵福祉保育専門学校同窓会総会で講演します。

私が教えることには、何一つ難しいことはありません。

人は皆、子どもの時代を経験しているからです。
でも、その経験は、誰もが自分だけの経験、主観的な経験です。

それを原体験とも呼びます。
大人は、知らず知らず自分の原体験を前提に考えます。
だから、主観的であって、客観的に考えられない。

ところが、主観的なことには、再現性もなければ、普遍性もない。
なので、主観に基づいて伝えようとしても、いつの間にか、

「できる人には簡単だけれど、できない人はいつまでたっても出来ない」
ことになってしまうのです。

だから・・・、よいことであっても拡がらない。

そして、主観と経験に頼っているので、子育ても保育も、難しい・・・ となるのです。

私が伝えていることは、

「科学的、客観的に 子育てを捉えること」 「科学的に 保育環境を見ること」

科学は、再現性があり、因果関係が明確。見通しが立ちます。

つまり、誰がやっても必ず同じことが起こるのです。

これからの保育環境には、科学的な視点を取り入れましょう。
誰でも

「聞けば分かる」「やればできる」ことを見つけるのです。

私は、見つけました。その結果

15万人の子どもを絵本好きになりました
子育てが、保育が、感動100%の毎日になりました

その方法は

保育士であれば、誰でも出来ること
どんな親でも出来ること 

だったのです。

そしてそのための、いくつかの前提がわかればいいのです。
このちょっとした、いくつかのこと
それを本にしたのが

「子育てを感動にするおもちゃと絵本」です。

qt0001-09

 

 

そして講演にするのが、今回の
慈恵福祉保育専門学校同窓会総会で講演です。

16807414_1208571935926942_2816600741949316413_n

私も楽しみにしています。

慈恵福祉保育専門学校同窓会の皆さん、3月4日にお会いしましょう。

何故 おもちゃが想像力を伸ばすのか? 法人3園合同研修@愛知

0

Posted by 藤田篤 | Posted in 保育室の積木・おもちゃ・環境, 保育環境コンサルタント・保育環境コーディネーター養成講座, 藤田篤の保育実践講座 | Posted on 29-01-2017

愛知県の社会福祉法人にお招きいただき

保育環境についての研修をしました。

17012101

研修 だからといって 難しく考えてはいけません。

子どもの遊びに向き合う気持ちは ワクワク ドキドキ。

だから

研修するの保育士さんにも ワクワク ドキドキ してもらいたい

 

17012106

心が今日感じたことを 頭が明日理解するのです から

17012903

保育環境とおもちゃのスキルは、職人のように難しいことではありません。

良いおもちゃがいかにして子どもの想像力を引き出していくのか

子どもは おもちゃと 生活の間を振り子のように行ったり来たりします

良いおもちゃは、子どもが生活の中で出会ったものを

表現してくれるようになるのです

だから、

良いおもちゃ があり

×

遊びのスキルを持った保育士

がいることで、子どもの想像力はどんどん伸びていくのです

 

17012105

ですから この

「想像力が育つ振り子の原理」 と

良いおもちゃとは何か

遊びの援助とは何か

を 知ればわかる やればできるのです。

17012104

保育士の役割は、「遊びの呼び水」

一つ 子どもを 安心させてあげましょう。

一つ 子どもに 見通しを与えましょう。

一つ 子どもの遊びを ワクワクしながら見守りましょう。

保育士が 遊びの呼び水になると

子どもたちは 「水を得た魚」 のようにのびのび遊び出すのです。

17012102

たこ焼き屋さん

 

何故、ごっこ遊びが想像力と社会性を育てるのか

その秘密はまたいつかお話しましょう。