防衛省様御用達 キッズパオ防衛省市ヶ谷保育園様への納品

0

Posted by 藤田篤 | Posted in よもやま話, 保育室の積木・おもちゃ・環境 | Posted on 20-11-2018

タグ: , , , , , , ,

オーナーむっちパパ 藤田です

午前中の

カルテット幼児教室

東京武蔵小金井校での

2クラスの開講を終え、午後は納品

 

18111901

こちら東京都新宿区市ヶ谷、防衛省内にある

キッズパオ防衛省市ヶ谷保育園

 

18111902

元気に職員の皆さんのお子さんが生活しています。

市ヶ谷の防衛省の敷地は、広大なので
この保育園の子どもたち、お散歩には恵まれています。

省内は大人ばかり

お散歩の時の元気な子どもたちは、
職員皆さんに声をかけていただいて

「職員も子どもたちに癒されているんです」

とご担当者様。

特別に許可をいただいて、写真を掲載しています。

 

カルテットは一般のお客様向けにおもちゃを紹介、販売する傍

おもちゃ、遊具のオンリーワン企業として

日本国内のあらゆる法人

(国、県、市町村、特別行政法人、社会福祉法人、医療法人、企業内保育所、一部上場企業など企業主導型保育所)の

保育施設におもちゃ、遊具をお届けしています。

→カルテット保育事業部

hjb_sk535_150

よいおもちゃを保育で生かすには

0

Posted by 藤田篤 | Posted in 保育室の積木・おもちゃ・環境, 保育環境コンサルタント・保育環境コーディネーター養成講座 | Posted on 13-11-2018

タグ: , , , , , , ,

オーナーむっちパパ藤田です。

東京大田区の保育園で

ネフの積木の研修会をしました。

18111004

幼稚園も保育園も、どんなおもちゃをお部屋で使うか

決められているわけではないので

木のおもちゃを使おう という幼稚園、保育園は決して多くはありません。

ましてネフの積木をこんなに子どもに与えている

保育園はなかなかないでしょう。

 

でも、保育園にはやむをえない理由があるのです。

よいおもちゃでも

保育士が遊べない

子どもがどんな風に遊ぶのか分からない

どんな力が身に付くのか分からない

大事にしてもらえない

仕方ないですよね。

でも、解決する方法が、このネフの積木の保育研修。

 

今回の研修は、その心配を2時間で全て解決する

保育士さん皆さんが参加しての

ネフの積木の保育園での使い方の研修

 

18111003

世界で最初に積木を子どもに与えたのは、

フリードリヒ・フレーベル

キンダーガルテン=幼稚園を世界で最初に作った

ドイツの教育学者です。

遊びを通して学ばせることが積木の目的だったのです。

保育指針が2018年改定され

保育における「教育」の重要性が明確になり

積木はなくてはならない保育の材料として

注目されているのです。

 

2時間の園内研修で全ての積木の疑問を解決し

保育士が

18111002

ネフの積木を自信をもって

与えられるようになるカリキュラム

18111001

今日から自信をもって

子どもたちを温かく見守ってくれていることでしょう。

 

ネフの積木を見てみる

積木購入者には、

今回の研修内容を含む

積木ショーのフルコースを存分にごらん頂けます。

1609tumiki

⇒ネフの積木ショーの動画配信

なぜ、ドイツのおもちゃが知育玩具なのか 汐見稔幸先生のご質問にお答えて

0

Posted by 藤田篤 | Posted in よもやま話, 保育室の積木・おもちゃ・環境, 子育てコンサルタント 藤田の子育て講演セミナー, 知育玩具協会主催セミナー | Posted on 08-11-2018

タグ: , ,

オーナーむっちパパ藤田です

先に開催された

(社)日本知育玩具協会セミナーでは

東京大学名誉教授

汐見稔幸先生をお招きしてご講演いただきました。

セミナー当日、ドイツのおもちゃ、フレーベル教育のおもちゃについて

汐見先生からご質問を頂きました。

 

ドイツ・フレーベル幼稚園で生まれた恩物が

幼稚園教育の根幹となり

積木として集団遊びに繋がった歴史について、お答えしました。

今でも、ドイツのフレーベル幼稚園では、恩物をはじめとした

おもちゃで子ども達の保育環境を作っていること。

 

ドイツのおもちゃの歴史の中に

知育玩具のルーツがあるのです。

↑セミナーでは、これらのおもちゃの展示、説明を行いました。

そのおもちゃが日本では、「ドイツのおもちゃ」として個人でも手に入れられること。

↑汐見先生とインストラクターの交流会にて

協会では、3つのホームスタディとして提供し、

インストラクターがわが子におもちゃを与えながら学んでいること。

このホームスタディは、保育園のおもちゃとして

そのまま使用、提供できる構成になっていること。

一般でも、保育園でも購入できる仕組みになっていること。

ウォルドルフ人形は、講師が受講生のために一体一体手作りし

子どもが体験する「手作りの人形を手渡しされる喜び」を体験すること。

汐見先生が即決でこのホームスタディを全てご注文くださった時に

私は先生にこんなお答えをさせていただいたのです。

皆さんにも、汐見先生とご一緒に

わが子によいおもちゃを与えながら、おもちゃについて考えていただきたいと思います。

汐見先生のためのウォルドルフ人形も

講師が心を込めて一針一針、縫い上げていきます。

⇒知育玩具ホームスタディ教材はコチラ

 

フランクフルトでドイツ鉄道に乗り遅れる

0

Posted by 藤田篤 | Posted in よもやま話, ドイツ・スイス・おもちゃに出会う旅 | Posted on 13-09-2018

タグ: , , , , , , ,

▼ ドイツ旅行記 —————-

  1.  今年の視察はしゅつっとがると…?
  2.  ドイツ・シュツットガルトの幼稚園にて
  3.  おもちゃの故郷 ザイフェンで 歴史と伝統と、家族愛に出会う
  4.  フランクフルトでドイツ鉄道に乗り遅れる
  5.  シュツッツガルトのおもちゃ店を訪ねる
  6.  シュツッツガルトの街歩きを楽しむ
  7.  ザイフェン 丘の教会を訪ねる
  8.  おもちゃの最高峰を進み続ける ミューラー社を訪問する

—————————————–

 

ドイツからのお招きを頂き 2018年9月

ドイツ_玩具作りの心に出会う旅_18090501

成田経由でフランクフルトに向かいました。

ドイツ_玩具作りの心に出会う旅_18090502

フランクフルトからはドイツ鉄道、ICE都市間高速鉄道を利用します。

ドイツ_玩具作りの心に出会う旅_18090505

駅の掲示でチェック

18:09発 Stuttgart Hbf シュツッツガルト中央駅 行き 5番線

ところが降りて待てども列車が来ません。

ふと ・・・ 6番線を見上げると、 その列車に「 Stuttgart Hbf 」の表示が!!!

何故? と思うより

「走れ!」と猛ダッシュ!!!

ドイツ_玩具作りの心に出会う旅_18090506

私達の前を ICEは行ってしまいました。

ドイツ鉄道に乗るときには、多少のゆとりが必要です。

でも大丈夫。

次のICEで日が暮れる前に シュツッツガルトに到着

ドイツ_玩具作りの心に出会う旅_18090507

シュツッツガルトは自動車の街。

中央駅には、メルセデスベンツのエンブレムが掲げられ、街のシンボルになっています。

 

今回の旅には3つのテーマがありました。

一つ 幼稚園の視察

一つ 日本、ドイツ双方での幼稚園での研修、ワークショップの情報交換

一つ フレーベルに始まった知育玩具の生きた歴史をたどる

 

ドイツ国内でも遥か500kmを隔てた

南ドイツのシュツッツガルトと東ドイツのザイフェンを巡る

旅になりました。

おかげ様で旅は無事に終了

ドイツ国内での投稿に続いて

このブログで、旅を振り返って行きたいと思います。

保育園の玩具を納品 保育事業部の仕事納め

0

Posted by 藤田篤 | Posted in よもやま話 | Posted on 27-12-2017

タグ: , , , ,

カルテット保育事業部の仕事納めは

保育園の玩具の納品

保育園の遊具03

発達と、クラス人数、保育内容に応じた玩具を

この日をめがけて取り揃えています。

保育園の遊具02

こちらはドイツから取り寄せた ウォールデコ

年明けから登園する子どもたちは

この大樹のもとで健やかに成長していくことでしょう

 

保育園の遊具01

こちらもドイツから取り寄せた遊具

乳児の身体機能の発達を促します

写真 2017-12-27 16 14 03

乳児の発達に欠かせない鏡も

安全な構造、強度で

ステップとして組み込まれています。

 

屋内の大型遊具は

数多くの納品実績のある

カルテット保育事業部にお気軽にご相談ください。

あなたの保育園の

発達と内容に基づいた保育環境の提案をさせていただきます。

⇒カルテット保育事業部ホームページ

電話 0566-28-3933

担当:後藤、篠田

おもちゃで学べる幼稚園を作るために 保育環境コーディネーター®養成講座開講

0

Posted by 藤田篤 | Posted in よもやま話, 保育室の積木・おもちゃ・環境, 保育環境コンサルタント・保育環境コーディネーター養成講座, 知育玩具協会主催セミナー, 藤田篤の保育実践講座 | Posted on 22-04-2017

タグ: , , , , ,

セントレアから2時間のフライト

女満別空港に降り立つと

そこからは道東の広大な自然が待っていました。

ドイツの農村を思わせるジャガイモ畑の向こうには標高1547mの斜里岳が迎えてくれました。

写真 2017-04-03 16 05 10

この道東で待っていてくれたのは幼稚園の先生たち。

おもちゃについて、理論的に学びたいというご相談に応え

【保育環境コーディネーター®養成講座2級基礎】

の団体受講を開講。

 

幼稚園の祖 フレーベルは

「遊びを通して学ぶ場」として、ドイツで幼稚園を作り

積木をはじめとしたさまざまなおもちゃを

遊ぶ教科書(道具)として与えました。

17040402

フレーベルが目指した幼稚園(キンダーガルテン)は

おもちゃで学ぶところだったのです。

 

小学生が 国語、算数、理科、社会という 「科目」 で学ぶように

幼稚園では

ままごと遊び = お世話遊び、役割遊び、お店やさんごっこ

(机での)机上遊び = ブロック、(平面)構成遊び、ドイツゲーム、マンダラ塗絵

などが体系的に学ぶテーマになります。

そうです。

遊ぶことで総合的に

社会性、自然法則、言語・コミュニケーション能力、論理性、直観力を

意欲的、主体的に身につけるのです。

17040401

おもちゃの分類と

クラスの人数に応じたおもちゃの種類、量の公式を学び、

自分のクラスに必要なおもちゃを自分で構想していくワーク。

これは みんながワクワクします。

子どもにとって、楽しい保育室は、大人にとってもワクワクな保育室なのです。

17040403

さあ

子どもたち、どんなおもちゃで遊ぶことになるのか、楽しみです。