将棋の天才はこうして育った 史上最年少プロ棋士 藤井聡太さんの直観力を養った 立体パズルの秘密

0

Posted by 藤田篤 | Posted in 一押し♪おもちゃ, 実店舗でのエピソード | Posted on 16-01-2017

タグ: , , , , , , , , , ,

NHKクローズアップ現代 1月16日放送より

最年少VS.最年長 ~“天才”少年棋士 鮮烈デビュー~

藤井聡太さんが、
3歳のときの秘密が明かされる
彼の天才的な直観力を養っていた ・・・ あるものとは

16011611

デビュー戦の対戦相手はなんと 最年長プロ棋士加藤九段

そのデビュー戦、藤井聡太さんは
開始わずか2分に一見勝負とは無関係の 「8五歩」を直感的に指します

17011614

先輩プロ棋士たちでさえ、あたかも無駄な一手であるかのように感じた

この一手が

史上最年少プロ棋士 藤井聡太さんを
逆転勝利に導くことになったのです。

 

鮮烈のデビュー戦 勝負の決め手は 直感力

「60手先になって、勝利を呼び込むことまで見通すのは不可能なはず」と、語られます。

その

不可能を
史上最年少プロ棋士 藤井聡太さんは、その奇跡的な直観力によって
可能にしたのです。

理化学研究所
脳科学総合センター の 田中啓治先生によると

 

プロ棋士は 無意識の行動をする部分

「直感」をつかさどる部分の脳の活動が活発

17011616

↑脳のこの部位

17011617

この直観力は

詰め将棋や、立体パズルを繰り返すことで養われる(優れたものになる)のだそうです。

 

実はその直観力、
3歳のときにあるものによって養われていたのです。

母が明かす 藤井聡太さん の秘密
天才の直観力は積木=立体パズルによって養われていた

母親の藤井裕子さんが

17011603
史上最年少プロ棋士 藤井聡太さんの3歳の頃を語ります。

 

それが この立体パズル

17011602

史上最年少プロ棋士 藤井聡太さんは
この立体パズルを与えられ

17011604

玉の道を積木で組み立てていくのです

お母さんには今でも難しいこの木製の立体パズル

彼は3歳で飽きもせず取り組んでいたのです

17011607

これが3歳のとき作ったパターン

そして
将棋史上最年少プロ棋士 藤井聡太さんを育てた積木・立体パズルこそ

j6-2
⇒藤井聡太さんが遊んだスイスの玉の道の積木 キュボロ

キュボロは、

直観力を飛躍的に向上させる 積木・立体パズルなのです。

img_9782

実店舗には、豊富な体験見本

専門的なアドバイスができる スタッフがお待ちしています。

⇒将棋史上最年少プロ棋士 藤井聡太さんを育てた立体パズルの秘密とは NHK名古屋放送局「ナビゲーション」 1月6日放送