おもちゃと本物は区別する

By | 2015年8月17日

おもちゃはおもちゃ、本物は本物と区別することは、

子どもたちが安心して遊び続けるために必要な環境づくりなのです。

5

 

<独り言>

ここでは、「おもちゃである」ことの大切さが書かれています。
おさがりのお鍋などの実際に使った道具ではない「おもちゃ」であることの大切さ。
それってなんだと思いますか?
確かに!うぅむ、なるほど!とすとんと腑に落ちる内容でした。

子ども達は、とてもよく周りをみています。
自分の使っているものが、どういうものか周りをみて把握しています。

「見られている」「学ばれている」という意識を持った大人でありたいな、と思いました(・~・)
[P82 – 11行目まで] by M.S

Category: 6-道具を使ったごっこ遊び

About shinoda

読書が大好き、絵本・児童書が大好きでたまらない、木のおもちゃ カルテットのスタッフです。 好きだけど、どうして好きなんだろう?どうして必要なんだろう?その答えがこの本にはつまっています。知識が、自信と確信を与えてくれました。 少しでも多くの子ども達、そして関わる大人達が幸せを感じ、日々を楽しんで過ごしてもらえるように、この本のエッセンスが届きますように、と執筆しています♪