産経学園奈良登美ヶ丘校でキュボロ教室を開催しました♩

0

Posted by 小林麻以子 | Posted in キュボロ教室 | Posted on 27-10-2021

タグ: , , , , , , , , , ,

こんにちは。

日本知育玩具協会 認定講師 小林麻以子です。

私は、三重県津市を拠点に、
東海・関東・関西・オンラインで活動している
シニアマイスターです。

10月23日(土)に産経学園奈良登美ヶ丘校さんにご依頼を頂いて、

キュボロ教室体験レッスンを出張開講しました!

 

9月に毎日放送「せやねん」にて

キュボロ教室の紹介があったことで、

番組を視聴してご興味を持たれ、
早速申し込まれたとおっしゃっていただいた方も
おみえでした。

 

▼3歳から6歳 親子体験レッスン

キュボロ教室_産経学園奈良登美ヶ丘校

キュボロには色々な種類のパーツがあります。

購入しても、
「これってどうやって遊ぶの?」と頭を悩ませてはいませんか?

 

キュボロ教室親子体験レッスンでは、
キュボロのパーツの特徴を
親子で共に観察し、

なるほど!と「わかった!」を実感していただくまで

一つ一つ丁寧にワークを進めます。

キュボロ教室_産経学園奈良登美ヶ丘校

目で見て確かめて^^

 

キュボロ教室_産経学園奈良登美ヶ丘校

 

「やったね!」を親子で楽しみます♩

 

キュボロ教室_産経学園奈良登美ヶ丘校

 

受講生の皆さんの感想をご紹介します。

・親子が一緒に考えながら道を作ることが楽しかったです。

・お教室という環境の中、一生懸命考え抜くことができたりと、そういう点に魅力を感じました。

・子どもと会話をしながら大人も考えて、遊びながら学べる部分も魅力でした。

・空間認知やプログラミングの能力を育てられることに魅力を感じます。

 

めっっちゃ楽しかった!!

手をあげて感想を言ってくれたAくんは、
そのきらきらひかる眼差しをお母さん向け、

目と目を何度も合わせて「できた!」を確認していました。

キュボロ教室_産経学園奈良登美ヶ丘校

 

▼7歳から大人 1名体験レッスン

キュボロ教室_産経学園奈良登美ヶ丘校

一人でのレッスンは、
ちょっぴり緊張しちゃうお子さんも多いです。

 

でも、

たくさんの「できた!」を実感できるワークを繰り返す中で、

キュボロの楽しさと魅力を感じることができるので、

 

ほら!

キュボロ教室_産経学園奈良登美ヶ丘校

キュボロ教室_産経学園奈良登美ヶ丘校

いつの間にか楽しくて仕方ない!

 

この日、体験レッスンに参加したKくんは、

「おもしろくなってきた!」と、感想を言ってくれました。

キュボロ教室_産経学園奈良登美ヶ丘校


デジタル社会にこそ経験させたい遊び

プログラミング教育が始まり、

デジタルデバイスを手にする教育は
コロナ禍に伴って一気に加速したように感じます。

先日、むっちパパ(=オーナー藤田)と対談された、
Eテレすくすく子育てのコメンテーターでもお馴染み、
汐見稔幸先生は、

「デジタル社会だからこそ、逆に、木のおもちゃを大事にしてほしい」

と語っていらっしゃいました。

210716_Facebookライブ

⇒汐見稔幸・藤田篤対談ライブ  デジタル社会における、子育てとデジタルツールとの向き合い方とは?

 

キュボロ教室の監修を行っている 東京大学名誉教授 汐見稔幸 先生は
「キュボロは論理的思考、想像力を育てることが出来るので、今の入試の出題傾向に適した教材である。

そして人間としての豊かさに繋がる」とも語られています。

キュボロが入試に役立つというのは本当?」 より

汐見先生FBライブ_キュボロ

 

若き天才棋士 藤井聡太さんが、

なぜ天才と呼ばれるまでの活躍で私たちを魅了しているのか?

幼少期にキュボロでどんな力を身につけたのか?

 

答えは、キュボロ教室にあります。

 

—————————————

\カルテットでキュボロを購入すると…!/
キュボロ教室の体験レッスンが《 無料 》にてご参加いただけます!
是非、この機会にキュボロを楽しんでくださいね♪

★全国にもキュボロ教室拡大中!!★
現在、愛知・東京・神奈川・静岡・三重・奈良・大阪・沖縄
16教室で開講しております。
上記教室も、カルテット購入特典「キュボロ教室の体験レッスン《 無料》 」が
ご利用いただけます!ぜひこの機会にご検討ください!

詳しくは、キュボロ教室HPをチェック!

キュボロ教室・バナー

 

【即納】キュボロ スタンダード50(正規品 CUBORO) | キュボロ(クボロ)社(スイス)

キュボロ

今回のブログは、

日本知育玩具協会認定講師
シニアマイスター
キュボロマイスター
小林麻以子が担当いたしました。

小林麻以子のブログもぜひご覧ください♩