よいおもちゃの選び方・与え方を学ぶ園内研修 西巣鴨学びの保育園にて

0

Posted by 戸北 百々代 | Posted in 保育室の積木・おもちゃ・環境 | Posted on 13-12-2023

タグ: , , , , , ,

私は、千葉を中心に活動をしている
日本知育玩具協会 認定マイスターです。

本日のブログを担当させて頂きますので

どうぞよろしくお願いします(^^)/

 

先日、

西巣鴨学びの保育園さんにて

よいおもちゃの選び方・与え方についての

園内研修を行いました。

 

西巣鴨集合写真2

 

研修を企画された園長先生と主任先生の思いは

購入したおもちゃについて

理解したうえで子どもたちに与え遊んでほしい

それ以外のおもちゃについても知識として理解して

今後につなげてほしい

ということ

 

お鍋セットの話をしている場面

 

みなさん、講座中は大きくうなずいたり、

メモを取る姿が印象的でした。

 

積木やお世話遊び、構成遊び、

ドイツゲーム、キュボロなどなど

様々なお話をした後は、

実際に手に取って遊んでもらいました

 

園内研修で毎回盛り上がるドイツゲーム!

ハリガリ1

 

はじめて触る積木とブロック

アングーラ1

「こういうの得意じゃないんだけどなぁ・・・」

と言いつつも、

触りだすと、夢中になる、挑戦したくなる。

子どもも同じ気持ちです。

 

アングーラとキュービックス

みんなで「ここに、これ乗るんじゃない?」と挑戦中。

 

構成遊び1

 

具体的なクラスの子どもたちの様子を浮かべながら

おもちゃを手に取り、話し合い。

 

 

でも、

おもちゃがあるだけではダメなのです。

 

正しい知識を持った大人が

子どもたちの側にいることが大切です。

 

どういうおもちゃがあるのか、

どういう特徴があるのか

なぜこのおもちゃで遊ぶのがいいのか

どうやって遊ぶのか・・・

 

 

それを学んだ保育士の皆さんは

子どもたちに必要な、

まさに、

「人的環境」なのです。

 

研修後の感想はこちら

・おもちゃを出すタイミングについて学びが多かった
・どのおもちゃをどのタイミングで提供するのが、適切なのか学ぶことができた。
・おもちゃを選ぶ時「どれなら遊べるかな、好きかな、できるかな」を基準に考えていたので、
 与え方が大事だという事を知ることができたのが大きな成長の1つだと思う。
・乳児期で多くの経験を積むことで幼児期につながることを改めて感じた
・チャレンジしたい、遊びたいという子どもの気持ちにこたえていきたい
・おもちゃにもそれぞれ子どもの発達を促す目的があると知った
・共感することを大切にしていきたい
・一つの玩具でも、様々な遊び方や他の玩具との組み合わせをすることで
 何通りも遊び方ができることを知ることができた。
・「このおもちゃはまだ早いかなぁ・・」と感じるより、
 遊びを通して様々な経験ができるようにしていきたい
・キュボロなど苦手ではあるが、子どもと一緒に考えて工夫する過程を楽しみながら遊んでいきたい
・見守るだけではなく、大人が遊ぶところを見せて、
 子どもがやりたいという意欲につなげていきたい

 

子どもたちに

よいおもちゃを提供し

ワクワクする気持ち

やりたい気持ちをサポートする準備はできました。

 

もうすぐクリスマス。

 

子どもたちのところにおもちゃが届き、

楽しい時間が続きますように・・・・

 

今後も、保育園のサポートをしていきます!

 

★保育園、幼稚園、保育施設への訪問研修、園内研修は全国対応しています。
どうぞお気軽に事務局までお問合せください。

→(社)日本知育玩具協会までお問合せはコチラ

★千葉で活動中の戸北百々代のブログもよろしくお願いいたします。

日本知育玩具協会認定講師戸北百々代のブログはこちら

何でもネガティブに考えずやってみることが大事ですね!「保育と発達を支える遊び」

0

Posted by 堀之内信子 | Posted in お知らせ, 保育室の積木・おもちゃ・環境 | Posted on 26-11-2023

タグ: , , , , , , , , , , , ,

こんにちは。

 

日本知育玩具協会 認定講師の堀之内信子です。

私は、宮崎市を中心に活動をしている

日本知育玩具協会認定シニアマイスターです。

第2クール 保育環境コーディネーターオンラインセミナーの

ブログを担当いたします。

 

どうぞよろしくお願いいたします^^

 

2021年末に始まった「保育環境コーディネーター・オンラインセミナー」。

大好評のお声にお応えして2023年3月より第2クールを開催しています。

11月は「保育と発達を支える遊び」をテーマに開催しました。

 

231124_保育と発達を支える遊び_写真

 

いただいたご感想の一部をご紹介します。

 

・何でもネガティブに考えずやってみることが大事ですね。

・おもちゃが発達に必要なものという考え方をあらためて自分の中に入れられた気がします。

・「発達を支える」というテーマ通り、小さい時ほどよい玩具を提供することが大切だと思いました。

また、子どもがよく遊ぶから用意するのではなく、その前に環境を整えていくことの大切さも知ることができました。

いろいろな月齢の児がいるからこそ、成長にあった玩具が選べるという環境を整えていきたいと思います。

・様々なおもちゃやおもちゃを通した子どもたちの発達を知ることができ大変勉強になった。

 

 

とても嬉しいご感想をたくさんいただいています!

次回以降も多くの保育士さんと一緒に学べることを楽しみにしています。

 

 

そして、なんとこちらの「保育環境コーディネーター・オンラインセミナー」が

保育書籍として出版されることが決定しました!

内容充実の保育環境コーディネーター・オンラインセミナーで学び、子どもの力を引き出す保育を目指しましょう。

 

 

次回のテーマは

「保育とマンダラぬりえ」

 

240119_第2クール_保育セミナーサムネイル 【保育とマンダラぬりえ】

 

第2クール 保育環境コーディネーター・オンラインセミナー

第9回 「保育とマンダラぬりえ」

◆日時:1月19日(金) 19:00~21:00

◆講師:日本知育玩具協会代表理事 藤田篤先生

 主催:認定講師 島袋智子

◆締切:1月9日(火) 21:00

◆お申込者全員に「心を整えるマンダラぬりえ」を事前に1冊送付いたします。

当日は実際にマンダラぬりえを体験していただきながら学ぶことができます!

ぜひ当日ご参加ください^^

 

こちらのオンラインセミナーはお申込者全員に後日約2週間のアーカイブ配信があります。

詳細とお申し込みはこちらからどうぞ。

⇒「保育とマンダラぬりえ」第2クール保育環境コーディネーター・オンラインセミナー

 

 

今回のブログは日本知育玩具協会認定講師の堀之内信子が担当しました。

 

堀之内信子のブログもぜひご覧ください^^

⇒【おもちゃと絵本で子どもがのびのび育つ環境を!!】

明日から子ども達と積木でたくさん遊びたいと思えました!清武みどり幼稚園保育環境改善プログラム

0

Posted by 堀之内信子 | Posted in 保育室の積木・おもちゃ・環境 | Posted on 24-11-2023

タグ: , , , , , , , , ,

こんにちは。

日本知育玩具協会 認定講師の堀之内信子です。

私は、宮崎市を中心に活動をしている

日本知育玩具協会認定シニアマイスターです。

保育環境改善プログラムのブログを担当いたします。

どうぞよろしくお願いいたします^^

 

宮崎市にある宮崎学園短期大学附属こども園(清武みどり幼稚園)では、

2022年度より日本知育玩具協会の「保育環境改善プログラム」に取り組み、

園の先生方は継続的にむっちパパこと日本知育玩具協会代表理事の藤田先生の研修を受けています。

 

231120_清武みどり_ウールレンガ積木研修①

 

今回の研修テーマは「床積木」!

 

積木の歴史、

積木で遊ぶと育つもの、

遊びがどのように発展していくのか、

どのような積木がよいのか、

保育者はどのように遊びを支援すればよいのか、

など、内容盛りだくさんの研修を園の先生方は熱心に受講して下さいました。

 

と書くと、真面目に静かに聞く研修を思い浮かべるかもしれませんが、

ウールレンガ積木を実際に使ったワークをしながらの楽しい研修でした。

 

231120_清武みどり_ウールレンガ積木研修③

 

 

研修の最後には感想を発表していただくのですが、

・積木の奥深さに驚きました。

・保護者の方に自信を持って積木遊びで育つものを伝えられそうです。

・明日からもっと子どもと一緒に遊びたいと思いました。

・積木の歴史などは初めて聞いたので興味深かったです。

・積木の大きさや質が大事なことがよくわかりました。

など、素敵な感想をたくさんいただきました。

 

231120_清武みどり_ウールレンガ積木研修②

 

大人同士でこんなに楽しく遊べれば、きっと子ども達とも楽しく遊べるだろうなと

思えた研修でした。

 

そしておもちゃがあるだけではなく、

大人がその魅力を理解し、一緒に遊ぶことが大事だなと

私も改めて感じました。

 

これから子ども達の遊びがどのように発展していくか私もとても楽しみです!

次回の研修での様子もご報告しますので楽しみにお待ちください。

 

今回のブログは日本知育玩具協会認定講師の堀之内信子が担当しました。

堀之内信子のブログもぜひご覧ください^

⇒【おもちゃと絵本で子どもがのびのび育つ環境を!!】

おもちゃに触れて、遊んで体験する園内研修・にじのいるか保育園千石第2

0

Posted by 戸北 百々代 | Posted in 保育室の積木・おもちゃ・環境, 藤田篤 最近の 講演、講義、セミナーのご紹介 | Posted on 20-11-2023

タグ: , , , , , , , , , ,

こんにちは

日本知育玩具協会認定講師
戸北百々代です。

私は、千葉を中心に活動をしている
日本知育玩具協会 認定マイスターです。

本日のブログを担当させて頂きますので

どうぞよろしくお願いします(^^♪

先日、東京の

「にじのいるか保育園千石第二」にて

園内研修が行われました。

講師は、むっちパパこと

日本知育玩具協会代表理事 藤田篤先生

 

集合写真ロゴ入り

6月に引き続き2回目の園内研修。

前回の復習をしながら

今回はたっぷりおもちゃに触れての

学びとなりました。

写真 2023-11-17 19 33 54

子どもに与えるおもちゃは
保育士が遊んで楽しいものでなければなりません

 

実際ハンマーでトントンしてみる

大工さん

どうなってるの?どうやってつくるの?はずして観察中!

リモーザ2

お人形を抱っこして、重さ、抱き心地を感じる

お人形

ドイツゲームは、みなさん真剣な顔で勝負!

どれがいっしょ

ゲームが始まると、みなさん笑顔。でも、負けるとくやしがる姿が・・

いないいない動物2

自分が勝つぞという気合が感じられます

ハリガリ

 

今回は、たくさんのおもちゃに触れ、遊び

子どもたちが

どう感じるのか

楽しむのか

楽しめるのかを体験しました

 

保育士さんたちの表情を見て

たくさんの事を感じていることが

伝わってきました!

 

子どもたちにも同じ気持ちになってほしい!

 

実際におもちゃを通してワクワク楽しく学ぶことで

保育士さんが変わる

そして

保育環境が変わり

子どもたちが変わります

 

子どもたちの幸せと笑顔のために

引き続きサポートいたします。

 

★保育園、幼稚園、保育施設への訪問研修、園内研修は全国対応しています。
どうぞお気軽に事務局までお問合せください。

→(社)日本知育玩具協会までお問合せはコチラ

★千葉で活動中の戸北百々代のブログもよろしくお願いいたします。

日本知育玩具協会認定講師戸北百々代のブログはこちら

よいおもちゃの選び方・与え方を学ぶ園内研修 新川崎学びの保育園にて

0

Posted by 戸北 百々代 | Posted in 保育室の積木・おもちゃ・環境 | Posted on 14-10-2023

タグ: , , , , ,

こんにちは。

日本知育玩具協会認定講師
戸北百々代です。

私は、千葉を中心に活動をしている
日本知育玩具協会 認定マイスターです。

本日のブログを担当させて頂きますので

どうぞよろしくお願いします(^^)/

 

先日、

新川崎学びの保育園さんにて

よいおもちゃの選び方・与え方についての

園内研修を行いました。

集合写真

今回の研修は、

おもちゃの購入をするにあたり

 

保育士が玩具について理解した上で

子どもたちに与えてほしい

 

 

ということで、

 

保育士さんが自信をもっておもちゃ選びができるよう

お手伝いさせていだきました。

 

まずは、

様々なおもちゃについてのお話をしてから

実際おもちゃを手に取って遊んでいただきました。

 

アングーラ2

★初めて触ったネフ社のアングーラを

ドキドキしながら積んみました!

 

ハリガリジュニア1

★ドイツゲーム「ハリガリジュニア」

いち早くベルを押したくて真剣です!

 

知らないおもちゃ

触ったことないおもちゃ

初めて見る積木

初めて遊んだドイツゲーム・・・

 

研修を受けた感想を一部ご紹介します。

・ほとんどが初めて見る玩具だったので、こんなに楽しいものがあったんだと体験してみて素直に思いました。色々な玩具に興味を持つことができました。

・改めて、おもちゃ選びの奥深さを感じた

・おもちゃ選びの大切さを知ることができた

・今まではできる年齢でおもちゃを与えることが大切だと思っていたので、できるようになる過程が成長につながるという事に気づくことができた

・改めて積木の大切さを知った。

・0歳から適切な玩具や遊び方を知ることが大事だと思った

・おもちゃは、与えるだけでなく、一緒に遊んで楽しむことが大事だと再認識した

・一つの玩具でも、遊び方が様々あるので、遊びながら発見していくのも楽しいと思った

・カードゲームやそのほかの玩具を、保育士同士でこんなにも楽しむ機会がなかったので、おもちゃの魅力を知る上でも、保育士がまず楽しさを理解したり、感じることが大切であることを改めて感じた。ゲームを通して、より保育士の中が深まったので、子ども同士でもこのように楽しさを共有したり、仲が深まるのであろうと感じた。

・おもちゃの使い方、遊び方次第で、子どもの想像力や社会性、手先の発達など、色々な成長につながっていくと改めて感じた。おもちゃを通して、それらの発達が育まれるようにサポートしていくことが保育者の役割であると実感した

 

色んなおもちゃで

楽しく遊んだ保育士さんたち

 

初めての玩具と出会った気持ち

遊んだ時の楽しい気持ち

みんなと仲良くなれるという確信を得た

その知識と経験を

子どもたちに体験させてあげる番です!!

おもちゃを囲んで

 

子どもたちに

よいおもちゃを届けるのは

もちろんですが、

それだけではだめなのです。

 

正しい知識を持った大人が

子どもたちの側にいることが大切

 

「人的環境」

 

おもちゃを導入した後の

子どもたちの変化が楽しみです。

 

引き続き、保育士さん達の

サポートをしていきたいと思います!

 

★保育園、幼稚園、保育施設への訪問研修、園内研修は全国対応しています。
どうぞお気軽に事務局までお問合せください。

→(社)日本知育玩具協会までお問合せはコチラ

★千葉で活動中の戸北百々代のブログもよろしくお願いいたします。

日本知育玩具協会認定講師戸北百々代のブログはこちら

受付開始!10/20(金)【保育とドイツゲーム】 保育環境コーディネーター・オンラインセミナー

0

Posted by 島袋智子 | Posted in 保育室の積木・おもちゃ・環境, 保育環境コンサルタント・保育環境コーディネーター養成講座 | Posted on 29-09-2023

こんにちは。

日本知育玩具協会 認定講師の島袋智子です。

私は、沖縄を中心に活動をしている

日本知育玩具協会 認定マイスターです。

第2クール 保育環境コーディネーターオンラインセミナーの

ブログを担当させて頂きます。

どうぞよろしくお願いいたします^_^

 

「知っていますか?おもちゃの正しい与え方」
~保育のおもちゃ 常識・非常識~

毎回 大好評の

保育環境コーディネーター・オンラインセミナー

第7回目のテーマは【 保育とドイツゲーム】です!

231020_第2クール_保育セミナーサムネイル 【保育とドイツゲーム】

 

保育環境コーディネーター・オンラインセミナーは
保育士さんが 仕事後に全国から学べるだけでなく
アーカイブ配信によって 期間中学びを深められること
何より保育環境について具体的に学ぶことのできるセミナーとして
協会顧問である汐見稔幸先生からもお墨付きを頂いております!!

今回テーマとしている「ドイツゲーム」については

 全ての保育現場への導入を ご期待して下さっています!

すでにドイツゲームを取り入れられている園の保育士さん

また、これから取り入れたいとお考えの園の保育士さん

みなさんと一緒に「ドイツゲーム」について学びましょう!

既にたくさんのお悩みの声が 届いています↓↓

==========================

ゲームは遊び方を理解していないと、子どもたちに教えることができないし楽しむことができないままになるので理解して職員にも還元していきたいです。

ドイツゲームの導入方法や自分のクラスにあってるゲームを学びたいからです。子どもが夢中になれる遊びを知り、準備したいと思ったからです。
*環境コーディネーターの資格について、また玩具について興味があるので聞きたいです。ドイツゲームに特化した話しはなかなか聞く場がないので、とても興味深いです。
 同年代でのゲームは家庭でやることと課題や、子どもの心の動きが違うと感じますそこをどう乗り越えるのか、知りたいです。
ドイツゲームで子ども達に育つものや大人の関わりを学び、保育環境にどのようにいかしていったら良いかを学び、園でもとりいれていけたらと思い受講しました。また、園の子どもの年齢が0〜2歳までなので、この年齢でも楽しめるものや、2歳の子でもこうすればこのドイツゲームを楽しめるなどの遊び方があれば学びたいです。
ドイツゲームの楽しさを知り、保育園に取り入れたり家で子どもと遊んだりしたが、なかなか上手く良さを伝えられていないので、しっかり学びたいと思う。
ドイツゲームを保育園でも取り入れていますが、異年齢混合クラス(3.4.5歳児)で、どのように出すといいのか?を知りたく申し込みました。4.5歳児向けの物を棚に置いていると、3歳の子もやりたがるがまだ難しくできなくてうまく扱えないので、なんとなく小さい子に合わせたレベルの物をおいてしまう所があります。

===========================

子どもたちにとって

なぜ ドイツゲームが必要なのか?

ドイツゲームが育む力とは?

どのようにして保育に取り入れたら良いのか?

保育士の関わり方とは?

その答えを学び 明日の保育から活用していきませんか?

220415_OL保育セミナー_修正済み

 

【日程】2023年10月20日(金) 19:00~21:00

※お申込の方全員に、後日約2週間の動画配信があります

 リアルタイムでのご参加が難しい方もお申込いただけます!

【対象】現役保育士の方
保育施設(保育園・幼稚園・こども園)に所属されている方
保育環境コーディネーター養成講座修了マイスター

【講師】日本知育玩具協会 代表理事 藤田篤先生

【主催】日本知育玩具協会 認定講師 島袋智子

▼詳細・お申込みはこちらから
https://www.reservestock.jp/events/855785

※お申込締切は 10月17日(火)21時です。

毎回満席となる 大人気のセミナーとなっておりますので

お早めにお申込みくださいね。

 

今回のブログは、

日本知育玩具協会認定講師 島袋智子が担当いたしました。

日本知育玩具協会 認定講師 島袋智子のブログも是非ご覧ください。

 

【7/11(火)締切!】7/14(金)【保育と絵本】保育環境コーディネーター・オンラインセミナー

0

Posted by 島袋智子 | Posted in 保育室の積木・おもちゃ・環境 | Posted on 06-07-2023

こんにちは。

日本知育玩具協会 認定講師の島袋智子です。

私は、沖縄を中心に活動をしている

日本知育玩具協会 認定マイスターです。

第2クール 保育環境コーディネーターオンラインセミナーの

ブログを担当させて頂きます。

どうぞよろしくお願いいたします^_^

 

「知っていますか?おもちゃの正しい与え方」
~保育のおもちゃ 常識・非常識~

毎回 大好評の

保育環境コーディネーター・オンラインセミナー

第5回目のテーマは【 保育と絵本】です!

2303_第2クール_保育セミナーサムネイル 【保育と絵本】

 

豊かな絵本文化のある日本の保育において

絵本を取り入れている保育園は とても多いと思います。

しかし「本当にこれでいいのかな?」と

保育における 絵本の読み聞かせについて

自信を持てずにいる 保育士さんは多いようです。

第1クールで受講された保育士さんの感想を ご紹介します↓↓

==========================

*聞いていて、関わっている子どもたちの姿が目に浮かぶ内容でした。まずは愛着関係、信頼関係をしっかり築くことが大切だと改めて感じました。

*読み聞かせの時間は、本来聞く側の子どもたちのための時間であるはずだが、本を読む側の意図や都合が支配した時間となってしまっているのかと、反省しました。

*子どもの育ちにいかに絵本が必要か。また我が子への絵本を通しての関わり方で、字は読めることが楽しい時期、自分で読むことにシフトするのではなく読み聞かせと自身での音読をしてあげなくてはと思いました。

*たくさんの絵本に触れさせてあげたいけど、同じ本をじっくりと絵本の世界に入り込むまで読んであげたいと強く思いました。

*絵本を集団で読む場合、聞けずに立ち回っていてみんなが興味を持てる本を選ぶのが難しいなと思っていました。講義を聴いて、聞けない子がいてもよいこと。聞けない子は心配せず、個別で読んであげたり愛情を注いで信頼関係を築いていけばよいこと。読み手は聞けてる子に集中して、楽しい世界を感じてもらえるようにすることが大切だとわかり、気持ちが楽になりました。

*自分が絵本を読み聞かせで意識していることの裏付けができてよかったです。また、絵本の作者がどんな事を伝えたいかを自分なりに考える絵本の楽しみ方を知ることができました。

*絵本が見れない子は絵本が見れないことを解決するのでは無く、愛着関係等日常生活を改善することが大切なのだと知り、明日からの関わりを考えようと思った。

 

===========================

あなたの 保育におけるお悩みはありませんか?

子どもたちにとって

なぜ 絵本が必要なのか?

絵本が育む力とは?

どのようにして保育に取り入れたら良いのか?

保育士の関わり方とは?

その答えを学び 明日の保育から活用していきませんか?

【日程】2023年7月14日(金) 19:00~21:00

 

※お申込の方全員に、後日約2週間の動画配信があります
 リアルタイムでのご参加が難しい方もお申込いただけます!

【対象】現役保育士の方
保育施設(保育園・幼稚園・こども園)に所属されている方
保育環境コーディネーター養成講座修了マイスター
※本講座は、保育園・こども園・幼稚園の集団での絵本を扱います。
児童館、子育て支援センター等での絵本は対象ではありません。

【講師】日本知育玩具協会 代表理事 藤田篤先生

【主催】日本知育玩具協会 認定講師 島袋智子

▼詳細・お申込みはこちらから
7/14(金)【保育と絵本】保育環境コーディネーター・オンラインセミナー お申込みページ

※お申込締切は 7月11日(火)21時です。

 

毎回満席となる 大人気のセミナーとなっておりますので

お早めにお申込みくださいね。

 

今回のブログは、

日本知育玩具協会認定講師 島袋智子が担当いたしました。

日本知育玩具協会 認定講師 島袋智子のブログも是非ご覧ください。

明日から保育に生かしたくなる園内研修【発達とおもちゃ】

0

Posted by 戸北 百々代 | Posted in 保育室の積木・おもちゃ・環境, 藤田篤 最近の 講演、講義、セミナーのご紹介 | Posted on 21-06-2023

タグ: , , , , , , , , , , , , ,

こんにちは

日本知育玩具協会認定講師
戸北百々代です。

私は、千葉を中心に活動をしている
日本知育玩具協会 認定マイスターです。

本日のブログを担当させて頂きますので

どうぞよろしくお願いします(^^♪

 

 

先日、東京の

「にじのいるか保育園千石第二」にて

園内研修が行われました。

集合ロゴ入り

テーマは「発達とおもちゃ」

 

講師は、むっちパパこと

日本知育玩具協会代表理事 藤田篤先生

全体ロゴ入り1

系列の他の保育園の保育士さんたちも集まって

お仕事終わりの研修です

 

子どもたちに与えるおもちゃは

保育士さんたちも楽しいおもちゃを!

0617キュボロ2ロゴあり

研修では、

実際におもちゃを使います。

0617キュボロ1ロゴ入り

おもちゃを目の前にすると

保育士さんたちの目がキラキラキラキラ

笑顔あふれる研修ですが、

 

子どもたちの発達の事について話が始まると

ぐっと集中する姿が!!!

全体ロゴ入り2

子どもたちがおもちゃで遊ぶためには

『絵本の読み聞かせ』が深くかかわっていること

また、

『おもちゃの与えるタイミング』についてなど

子どもたちの発達を学びつつ

【発達とおもちゃ】ということを

たっぷり考える時間となりました。

 

研修後、参加された保育士さんから

多く聞かれた言葉

 

「明日からの保育に生かしたいと思う」

 

そうなんです。

 

聞けばわかる

やればできる

 

保育士さんが変われば

子どもたちも変わります!

その姿を楽しみに・・・・♬

 

★保育園、幼稚園、保育施設への訪問研修、園内研修は全国対応しています。
どうぞお気軽に事務局までお問合せください。

→(社)日本知育玩具協会までお問合せはコチラ

 

★千葉で活動中の戸北百々代のブログもよろしくお願いいたします。

日本知育玩具協会認定講師戸北百々代のブログはこちら

保育環境コーディネーター・オンラインセミナ【保育とお世話遊び】を開催しました!

0

Posted by 島袋智子 | Posted in 保育室の積木・おもちゃ・環境, 保育環境コンサルタント・保育環境コーディネーター養成講座 | Posted on 24-05-2023

こんにちは。

日本知育玩具協会 認定講師の島袋智子です。

私は、沖縄を中心に活動をしている

日本知育玩具協会 認定マイスターです。

第2クール 保育環境コーディネーターオンラインセミナーの

ブログを担当させて頂きます。

どうぞよろしくお願いいたします^_^

 

第2クールの3回目

保育環境コーディネーター・オンラインセミナー

「子どもの力を引き出す 保育とお世話遊び」

を開催しました!!

 

230519_【保育とお世話遊び】第2クール保育環境コーディネーター・オンラインセミナー

 

講師である 藤田篤理事長が

20年以上にわたって 親子や保育士に指導されてきた中で積み重ねてこられた

お子様たちの お世話遊びを通しての成長過程を

たくさんの写真や動画でもお見せいただきながら学べた

大変貴重な内容でした。

 

ご参加くださいました 保育士さんのご感想を一部ご紹介させて頂きます⇊

==================================

*新入児が遊び始めた、最初のおもちゃがフライパンでした。
今日のお話を聞きながら、お母さんの姿を想像していたのかなーなんて考えさせられました。
たくさんの視点から学べるので、感謝です。ありがとうございます。

 

*経験した子どもとの関わりを思い出しながらそうだったのかと気づくことばかりでした。
また、玩具を出すのも一つ一つ意味があって出す大切さを知りました。

 

*毎回自身のこれまでの保育で、ぼんやりと必要なのだろう、大切なのだろうと感じていたことが、藤田先生のお話でその理由がはっきりし、納得できます。
アイデンティティ人形の意味が今一つピンときていなかったのですが、7歳のお子さんが小さなころからずっと大切にしている様子を写真で見せていただき、保育園という場で自分だけの、大切にする対象であるアイデンティティ人形がある意味を感じました。

==================================

ご参加された保育士さんが

お世話遊びの大切さが明確となり

保育の中でどのようにお子さんたちと向き合ったら良いのか

具体的に理解されたことが 伝わってきますね ^^
さて 次回の

第2クール 保育環境コーディネーター・オンラインセミナー

第4回目のテーマは【保育とごっこ遊び】です。

 

230609_第2クール保育環境コーディネーター・オンラインセミナー【保育とごっこ遊び】

 

第2クールについても

各回100名を超える保育士さんからお申込を頂いております!!

 

すでに 多くの保育士さんから保育のごっこ遊びについての

お悩みの声が届いております⇊

================================

*病院ごっこ、レストランごっこを楽しんでいましたが、私の遊びの発展がうまくいかず、持続性かありません。遊びを深めていく方法のポイントがあればと思ってます。また、人のためにになることの楽しさや将来的に働く意欲を引き出すための大事な遊びなので学びを深めたいと思ったからです。

 

*現在、保育士1年目です。自信を持って保育できるようになりたい、また、子どもたちや保護者さんの笑顔が増えるような保育をするにはどうしたらよいか、日々悩んでいます。1月にベビートイ講座2級を受講し、更に子どもが遊びこめる環境についても学びたいと思い、受講を希望しました。

 

*ごっこ遊びに夢中になれる子は、とても幸せだなと感じます。忙しく働くその様子を見ていると、同じように家庭でお母さんが生き生きと生活しているんだろうな、と想像するからです。
子どもたちの成長の土台にとても大切な、ごっこ遊びをこれからも大切にしていきたいので、また学ばせていただきたく存じます。

 

*環境に力を入れ、遊び込めるコーナー保育をしていますが、中々周知が難しく、経験の少ない保育士に、どのように伝えたらいいかを学びたいと思いました。

================================

 

0歳から2歳児までの小規模保育園でお勤めの保育士さんから

「保育環境コーディネーター・オンラインセミナーは 幼児向けの内容なんですよね?」

といったご質問をお受けしましたが

そんなことはありません!
(一部内容を除く)

 

乳児担当の保育士さんであれば

幼児期までの 発達を見通した保育を

そして 幼児担当の保育士さんであれば

継続性のある保育を行って頂くため

乳児期から幼児期までの学びを2時間にギュッとまとめております。
是非 あなたの保育室に導入するごっこ遊びとその提供方法について

学んでみませんか?

 

当日リアルタイムでのご受講が難しい方も 大丈夫!!

なんと!! 第2クールでは お申込みされた皆さまに

2週間のアーカイブ配信をお付けしております!!

【日程】2023年6月9日(金) 19:00~21:00

【対象】
・現役保育士の方
・保育施設(保育園・幼稚園・こども園)に所属されている方
・保育環境コーディネーター養成講座修了マイスター

【講師】日本知育玩具協会 代表理事 藤田篤先生

【主催】日本知育玩具協会 認定講師 堀之内信子

▼詳細・お申込みはこちらから
6/9(金)【保育とごっこ遊び】保育環境コーディネーター・オンラインセミナー

 

※ お申込み者皆様へ
開催後2週間限定アーカイブ配信あり!!
当日リアル受講が難しい方も受講できます!
毎回満席となる 大人気のセミナーとなっておりますので

お早めにお申込みくださいね。

 

今回のブログは、

日本知育玩具協会認定講師 島袋智子が担当いたしました。

日本知育玩具協会 認定講師 島袋智子のブログも是非ご覧ください。

5/19(金)【保育とお世話遊び】保育環境コーディネーター・オンラインセミナー 残席わずか!!

0

Posted by 島袋智子 | Posted in 保育室の積木・おもちゃ・環境, 保育環境コンサルタント・保育環境コーディネーター養成講座 | Posted on 09-05-2023

こんにちは。

日本知育玩具協会 認定講師の島袋智子です。

私は、沖縄を中心に活動をしている

日本知育玩具協会 認定マイスターです。

第2クール 保育環境コーディネーターオンラインセミナーの

ブログを担当させて頂きます。

どうぞよろしくお願いいたします^_^

第2クール 保育環境コーディネーター・オンラインセミナー

第3回目のテーマは【保育とお世話遊び】です。

 

 

 

 

保育環境コーディネーター・オンラインセミナー

昨年、全国の保育士さん約1300名の方がご受講

大変ご好評を頂き、引き続き学びたいとの声を多く頂戴しスタートしました。

 

 

 

昨年【保育とお世話遊び】を受講された保育士さんのお声を

 

一部ご紹介します⇊

================================

*単にごっこ遊びはこうしましょう!という話ではなく、何故ごっこ遊びをするのかから始まり、どうしたらその遊びを広げられるのか、とても分かりやすく参考になりました。

*子どもの育ちと大人の関係がごっこ遊びに凝縮されているということがわかりました。基本的信頼関係作りが大切なのは当然ですが、子どもがその関係をごっこ遊びを通して人形や友達に実践していることがわかり、よりごっこ遊びを保育の中に取り入れたいと思いました。

*人形とぬいぐるみのこどもが受ける違いや、育ちの中での人形から受ける発達などが知れてよかった。ままごとコーナーでの「具材」を作っているので数や食具の数なども参考になりました。

*お世話ごっこの環境として、まだクラスの人形やままごとの環境ができているクラスとできていないクラスがあるので全クラスに配置できるように今後、準備をしていかないといけないと思いました。

*ごっこ遊びの中でもおままごと遊びなど、設定するものだったり、どんな空間、どんな位置に置くのかなど、子どもたち自身で考えながらできる環境をもっと作って行きたいなと改めて学ぶことができました。今日お聞きできたお話を活かして、これからの部屋の環境構成を考えて行きたいと思いました。

*ごっこ遊びが勤勉性を育てるというお話ははじめてで、興味深かったです。

*人形遊びについては、自分の子育てをやり直したくなるほどでした。なるほど!と何度も頷きながらとても参考になりました。
================================

子どもにとって なぜごっこ遊びが大切なのか

 

どのようにしたら 子どもが主体となって遊びを広げていけるのか

 

具体的に 何を どのように整えていけばよいのか

 

 

2時間という限られた時間の中で 多くの学びを得て

 

明日からの保育に前向きになられたことが

 

伝わりますね♪

是非 あなたもお世話遊びとその提供方法について

学んでみませんか?

【日程】2023年5月19日(金) 19:00~21:00

 

お申込み者皆様へ
開催後2週間限定アーカイブ配信あり!!
当日リアル受講が難しい方も受講できます!

【対象】
・現役保育士の方
・保育施設(保育園・幼稚園・こども園)に所属されている方
・保育環境コーディネーター養成講座修了マイスター

 

【講師】日本知育玩具協会 代表理事 藤田篤

【主催】日本知育玩具協会 認定講師 島袋智子

▼詳細・お申込みはこちらから
5/19(金) 【保育とお世話遊び】保育環境コーディネーター・オンラインセミナー お申込みページ

※お申込み締切 5月16日(火)21時

毎月テーマをかえて開催されている

「第2クール 保育環境コーディネーター・オンラインセミナー」は、

気になるテーマを選んで受講するのも良し!

あるいは 継続的に受講することでしっかり学ぶも良し!

第3回目以降のスケジュールは 以下の通りになります⇊


※変更になる場合もあります。

保育環境ついてお悩みの保育士さん
子どもたちが育つ保育環境づくりについて

 

一緒に学びませんか?

 

今回のブログは、

日本知育玩具協会認定講師 島袋智子が担当いたしました。

日本知育玩具協会 認定講師 島袋智子のブログも是非ご覧ください。