チューリッヒ おもちゃ博物館  フランツ・カール・ウェーバー コレクション

0

Posted by 藤田篤 | Posted in よもやま話, ドイツ・スイス・おもちゃに出会う旅 | Posted on 08-10-2017

チューリッヒ おもちゃ博物館を訪ねました

この博物館は

チューリヒ中央駅前にある老舗玩具店

フランツ・カール・ウェーバーのコレクションです。

おもちゃ博物館_チューリッヒ_01

溜飲の至宝がいっぱい

 

でも入り口の小ささに、驚かないでください。

ビルの1階から入ると

通路奥のエレベーターに着きますが

スイス式のドア1枚の 小さな小さなエレベーター。

 

Eingang 5 stock = 日本でいう 6階入り口に行きます

 

おもちゃ博物館_チューリッヒ_02

 

小さな2フロアに

コレクションが所狭しと並べられているのです。

 

この博物館は、

チューリッヒ駅前にある

老舗玩具店 フランツ・カール・ウェーバー

フランツ・カール・ウェーバー02

の私的コレクション

おもちゃ博物館_チューリッヒ_10

つまり

実際にスイスの玩具店の店頭をにぎわせてきた玩具たちが

一同に展示されているのです。

おもちゃ博物館_チューリッヒ_11

観光客の皆さんに見過ごされるのは、

さりげなく

入り口左に作られている、体験コーナー

おもちゃ博物館_チューリッヒ_05

3びきのくまの素敵な絵の下には

スイスの名作玩具の数々が

実際に遊べるようになっています

おもちゃ博物館_チューリッヒ_07

もちろんキュボロも

おもちゃ博物館_チューリッヒ_06

存分に遊べます

おもちゃ博物館_チューリッヒ_09

廃版の名作も

おもちゃ博物館_チューリッヒ_08

子どもたちを待っています

これじゃあ、帰れない!

おもちゃ博物館_チューリッヒ_04

フランツ・カール・ウェーバー 創業3代目にお会いしました。

玩具談義はつきません。

 

スイス人の玩具と子どもを愛する気持ちの歴史が

このコレクションには溢れています。

おもちゃ博物館_チューリッヒ_13

小さな販売コーナーには レアモノがいっぱい!

これ、私が購入した

1920年にフランツ・カール・ウェーバーで販売されていたという

スイス製積木(寄せ木)

 

思い出とともに、日本に持ってきました。

ちなみに、スイスの美術館、博物館は

スイストラベルパスを持っていると

無料、または半額になるところがほとんど。

スイス トラベルパススイス トラベルパス 02

↑これです。

スイス全国約500カ所の美術館・博物館が無料になります。

スイス鉄道の鉄道員はみな、とてもフランク。

英語で通じます。

 

チューリッヒ おもちゃ博物館 フランツ・カール・ウェーバーコレクション

月曜ー金曜日 14:00-17:00

土曜日 13:00-16:00

Toy Museum Zurich

Sammlung Franz Carl Weber
Fortunagasse 15
8001 Zürich

チューリッヒの老舗玩具店パストリーニを訪ねる

0

Posted by 藤田篤 | Posted in カードゲーム・ボードゲーム, ドイツ・スイス・おもちゃに出会う旅, 四次元の立体パズル キュボロ | Posted on 30-09-2017

タグ: , , , , , ,

チューリッヒで

木のおもちゃ といえば

1911年創業 100年以上の歴史を持つ

パストリーニ

という老舗の名があげられます。

 

以前はチューリヒの中心 Weinpl と Dübendorf の2店舗でしたが

現在は、チューリッヒ郊外の Dübendorf に広い店舗を構えています。

いくつか行き方はありますが今日は

チューリッヒ中央駅から10分弱 Stettbach, Bahnhof に向かいます

 

写真 2017-09-19 16 24 34

Stettbach, Bahnhof からはバス

パストリーニ001

Dübendorf, Sonnenbergで降りてすぐ

大きなビル!

パストリーニ004

店舗は1階部分です

パストリーニ005

広い店内で Crista Pastorini 女史にお話を伺いました

パストリーニ006

 

パストリーニ008

パストリーニ010

もちろんネフもあります

パストリーニ007

ドールハウスもたくさんあります

パストリーニ009

ドイツゲームもびっしり

※当然デジタルゲーム(ビデオゲーム)は一切ありません

パストリーニ013

ちなみに

スイスの家庭の定番ゲームはこれ! ↑↑↑

スイス人なら皆知っている eile mit weile 「急がば回れ!」

パストリーニ012

こちらはスイスの子どもたちのためのキュボロ

 

パストリーニ011

日本未発売のPUKY三輪車もずらり

 

パストリーニの情報

PASTORINI SPIELZEUG

住所

Im Schossacher 21
8600 Dübendorf

営業時間

ÖFFNUNGSZEITEN
Montag bis Freitag:
09:30 – 18:00 Uhr
Samstag:
09:30 – 16:00 Uhr

チューリッヒ中央駅からの行き方

※迷子にならないように確認してくださいね

Zurich HB から

都市近郊電車S3にて 7 分
Stettbach, Bahnhof で乗り換え

バス752系統にて

Dübendorf, Sonnenberg 下車
徒歩約 3 分

スイス旅行の際は、是非立ち寄ってみては?

キュボロと出会うスイスの旅 キュボロ・ゼミナールを受講

0

Posted by 藤田篤 | Posted in ドイツ・スイス・おもちゃに出会う旅, 四次元の立体パズル キュボロ | Posted on 26-09-2017

タグ: , , , , , , , , , , , , ,

キュボロで集中力を養ったと言う

将棋の藤井四段

 

MBS 毎日放送

林先生が驚く初耳学 でも取り上げていただきました

そのキュボロの指導法を徹底的に磨きたい!

という思いが実現しての今日のこの日、

スイス・チューリッヒで小学校の先生向けの

キュボロ・ゼミナールを受講しました。

 

会場は、チューリッヒ市内の小学校です

チューリッヒの小学校01

キュボロの

理論をワークショップを取り入れつつ

キュボロ ワークショップ03

キュボロ考案者 エッター氏からじきじきに学びます

 

キュボロ ワークショップ04

キュボロの唯一無二の特徴を

最大限に生かしつつ

キュボロ ワークショップ05

子どもの能力をキュボロで遊びながら引き出していく

その仕組みは

素晴らしい!の一語に尽きます

キュボロワークショップ01

息をつく間もないほど、充実のゼミナールでした。

 

現在 キュボロは

大量生産できない、精巧な玩具のため、1年以上の予約待ちです。

【ご予約】 キュボロ・スタンダード

さて、入荷を待つ皆様のために

キュボロの秘密と魅力を詰め込んだ、特製リーフレットを制作することになりました。

今回の旅行記も、その中で執筆しますので、予約の方は楽しみに待っていてください。

キュボロ ご予約者限定特典♪

キュボロのを学びたい方

キュボロのインストラクターを目指す方は

キッズトイ・インストラクター養成講座2級・1級を受講してください。

→キッズトイ2級インストラクター養成講座

キュボロと出会うスイスの旅 ネフ社を訪問 日本の子ども達とミーティング

0

Posted by 藤田篤 | Posted in ドイツ・スイス・おもちゃに出会う旅, 知育玩具インストラクター養成講座 | Posted on 20-09-2017

チューリッヒから電車で約1時間のところにある

ネフ社訪問が実現しました。

 

ネフ社02

マーケティング部門を担当するパトリックとオフィスで

ネフ03

オフィスには、天皇のご一家がネフスピールで楽しむ様子の

写真が飾られていました。

 

ネフ社01

日本知育玩具協会のインストラクターに呼びかけ

スイスと日本の家庭を結んで、緊急ミーティング

IMG_5233

インストラクターの皆さんのお子さんたちは

それぞれの家庭にあるネフの積み木を

自慢の積み方で披露

パトリックにアピールしてくれたので

とても楽しいミーティングになりました。

 

子ども達からは

今、スイスは何時ですか?

スイスのお天気はどうですか?

と世界の広さを感じる時間にもなりました。

キュボロと出会うスイスの旅 サンクトガーレン テキスタイル博物館へ

0

Posted by 藤田篤 | Posted in よもやま話, ドイツ・スイス・おもちゃに出会う旅 | Posted on 19-09-2017

タグ: , , , ,

今日は、チューリッヒから東に

チューリッヒ中央駅

サンクトガーレンへ向かいます

サンクトガーレンへ向かう

鉄道の旅は出張の醍醐味です

テキスタイル博物館

テキスタイル博物館を見学

 

サンクトガーレン 織物博物館

美しい織物の歴史に触れます

テキスタイル博物館 織物博物館

スイスは、ヨーロッパの中心の役割を

産業、文化、経済など、様々な分野で担ってきたのです。

 

 

キュボロと出会うスイスの旅 チューリッヒ到着

0

Posted by 藤田篤 | Posted in よもやま話, ドイツ・スイス・おもちゃに出会う旅, 四次元の立体パズル キュボロ | Posted on 18-09-2017

タグ: , , , , , , , ,

キュボロは、スイス製の立体パズル

キュボロのセミナーは、チューリッヒ市内で開催されます

空港で荷物を受け取り

チューリッヒ空港01

入国管理官に今回の訪問について説明したら

「へえっ

それってどんなおもちゃなんだい?

ここに書いて」と。

入国管理で、おもちゃの名前まで聞かれたのは初めて・・・

「 C U B O R Oだよ。」とメモを見せて

日本ではとても今注目されているんです。と教えてあげました。

「あ〜 これだね。」と同僚の入国管理官も一緒になって

スマホで検索して見せ合って、盛り上がるので

行列が長くなり・・・ハラハラ。

スイスでもっとキュボロが知られるようになるといいですね。

 

チューリッヒ中央駅に到着

チューリッヒ駅01

スイスは、銀行と金融の国

 

チューリッヒ中央駅前には

チューリッヒ駅前

アルフレッド・ マルテン・エッシャーの銅像

金融機関クレディ・マルテン・スイスの創設者

スイス国内鉄道網の発展にも貢献したのだそうです。

今回の旅ではスイス鉄道をたくさん利用させてもらいます。

「どうぞよろしくお願いします」

 

キュボロと出会うスイスの旅 出国

0

Posted by 藤田篤 | Posted in ドイツ・スイス・おもちゃに出会う旅, 四次元の立体パズル キュボロ | Posted on 18-09-2017

タグ: , , , , , , ,

スイスにキュボロを学びに来たらいい

2年前、エッター社長から持ちかけられた

キュボロを学ぶためのスイス訪問が実現しました

 

スイスでは、

小学校の授業に、キュボロの授業があるそうです。

キュボロの大会やコンテストも毎年開催されているとか。

 

 

スイスでキュボロを学びたい!!

という思いがいよいよ実現します。

台風の中、無事にフライト

キュボロを学ぶ旅のはじまり

私たちを乗せてくれるのは、スイス航空の白い機体

キュボロを学ぶ旅に出発

11時間半のフライトで

キュボロに出会う旅でスイスに

翼の先端のスイス国旗の下には

スイスの街並みが近づいてきます。

 

いよいよチューリッヒに到着です。

 

今回の旅の様子も、キュボロをお待ちの皆様向けの限定リーフレットに寄稿します。

キュボロ限定リーフレットの紹介

【ご予約】 キュボロ(クボロ)スタンダード|キュボロ社(cuboro/スイス) 

 

 

キュボロを学びに スイスへ行ってきます 

0

Posted by 藤田篤 | Posted in お知らせ, ドイツ・スイス・おもちゃに出会う旅, 四次元の立体パズル キュボロ, 実店舗のイベント | Posted on 06-06-2017

タグ: , , , , , , , , , , ,

kt2_main5月に開講した、キュボロ教室ですが

6月の案内とともに、即満員御礼

キュボロ少年、キュボロ少女が急増しています。

17052704_mini

↑↓ キュボロ教室での、チームリビルドのワーク

17052706_mini

知っていますか?

キュボロの生まれたスイスでは、

17060503

キュボロが小学校の授業に取り入れられてるんですって

テレビ、新聞の取材へ忙しく対応していた5月末、

キュボロ社から私にメールが届きました。

「 キュボロでの教育をスイスの小学校に見学に来て欲しい 」と。

DSC09089

↑実は、キュボロ社社長エッター氏から

一昨年もご招待いただいていたのですが、

一昨年はスイス訪問が実現しませんでした。

DSC09093

ですが、何とか日程を調整し

今急増中のキュボロ少年、キュボロ少女たちのため

小学生のためのキュボロ教育のカリキュラムを学びに

9月、スイスへ行って来ることにしました。

 

開講したキュボロ教室に、

さらに充実した内容を盛り込めることになるでしょう。

小学校の授業にも、キュボロが登場したら、子どもたち、嬉しいでしょうね。

 

 

【キャンセル待ち受付中】【愛知県・刈谷】6月24日(土)キュボロ教室

170624main

 

キュボロのインストラクターを目指す方はコチラ

【愛知・豊橋】6月10日(土)「キレない心」をおもちゃと絵本で育てる キッズトイ・インストラクター®2級資格講座

kt2_main

ドイツ研修報告会のお知らせ

0

Posted by 篠田 | Posted in スタッフ日記, ドイツ・スイス・おもちゃに出会う旅 | Posted on 12-03-2017

先週から2週間にわたって、ブログでお伝えしてきました

ドイツ・おもちゃ作りの心に触れる旅 2017の様子♪

DSC08352

Cuboro(クボロ)社やジオ・オーストラリア社との講座開発など、

皆さんによりよい知識と情報が提供できる足がかりができました♪
今回の研修について、さらに詳しく、直接お話しできる機会として

▼ 報告会を開催することが決定しました! ▼

ドイツ・フレーベル幼稚園の視察、ゼミナールでの学びから得た、

知育玩具のあり方、次世代へつなぐ子育てと保育への姿勢をお伝えします

DSC08233

ドイツ視察報告会-フレーベルの学びとおもちゃ-
日時 / 3月20日(祝・月)  13:30~15:00
会場 / 刈谷市産業振興センター ※お子様連れ可
費用 / 1,500円(税込)   定員:15名
お申し込みは 下記フォーム または お電話(カルテット:0566-28-3933)にて♪

⇒お申し込みフォーム

 

知育玩具協会便りvol29

7日目 ◆ ドイツ・おもちゃ作りの心に触れる旅 2017 

0

Posted by 篠田 | Posted in よもやま話, スタッフ日記, ドイツ・スイス・おもちゃに出会う旅 | Posted on 10-03-2017

こんにちは、スタッフ篠田です。

1月31日~2月8日にかけて、ドイツへ視察研修に行ってきました♪

日本知育玩具協会の認定講師の先生も同行して、

フレーベル博物館でのゼミナール研修、現地幼稚園の視察、

おもちゃの見本市でのメーカー訪問という、内容盛りだくさんの旅路!

 

写真たっぷりにお届けしますので、

ぜひドイツの雰囲気を楽しんで頂ければと思います♪

 

◆ 7日目 ニュルンベルク

 

ドイツの旅もいよいよ最終日

今日は、ニュルンベルク市内の観光です♪

 

中央駅の真向かいにある、職人広場(Handwerkerhof)、

メッセ(おもちゃ見本市)の開催期間は、

見本市のロゴ入りの旗がかかっているんですね!

DSC08592

 

 

DSC08615

ホテルから見渡すニュルンベルクは、

赤い屋根から石畳がのぞき、

とっても異国情緒あふれる雰囲気です

 

さあ、準備ができたら、地図を片手に出発!

写真-2017-02-06-19-35-42

 

まずは、中央広場へ

ニュルンベルクの中央広場といえば、

クリスマスマーケット!世界中から観光客が訪れるスポットです

 

今回はシーズンオフということで、

野菜など通常のマーケットが開かれていました♪

DSC08635 CIMG4729

カラフルな野菜や果物がならぶ様子は

みているだけでワクワクしてきますね!

 

CIMG4780

ドライフルーツの販売もありました♪

気さくな店主さんに、あれもこれもと試食を頂き

贅沢なひと時になりました 笑

 

写真-2017-02-06-18-02-53

 

たくさん歩いたところで・・・お昼の時間!

今日は、ブラートヴルストホイスレ(Bratwursthäusle )で

本場ドイツのソーセージを頂きます♪

CIMG4737写真-2017-02-06-20-17-42

いくらでも食べれちゃいそうっ

 

 

さて、次に目指すは、「おもちゃ屋」

石畳の町をぬけて、みえてきました!

写真-2017-02-06-19-29-28 写真-2017-02-06-19-25-33 写真-2017-02-06-19-22-36 写真-2017-02-06-18-29-53

店内には、ずらりとおもちゃが並び

カルテットでも取扱いのある木製玩具やカードゲームもちらほら・・・♥

正面入り口のディスプレイもとっても素敵っ

 

 

DSC08630

駅方面にすこしもどって次は、ドラッグストアへ

2階がおもちゃ売り場になっているんです♪

つくと・・・ゲームがずらり、圧巻です

CIMG4786

ドイツでは、本屋にもカードゲーム、ボードゲームがおかれるほど

日常にゲームという文化が馴染んでいるんですね!

ドイツゲームは、人と人との触れあいがうまれるところ

ぜひ、日本でも同じように定着して欲しいです

 

 

あれもこれもと選んでいるうちに、

気づけば帰国の時が近づき・・・

写真-2017-02-06-22-36-59

 

ドイツ、最後の食事はICE(ドイツの新幹線)の食堂車で!

写真-2017-02-06-4-28-15

 

ニュルンベルクから、フランクフルト空港を経て

日本へ

 

おもちゃにたっぷり触れ、たっぷり学ぶ1週間でした

日本のおもちゃ市場や、流行とはまったく違うおもちゃ達との出会いで、

時代とともに盛り上がっては消えていく

日本のおもちゃって、本当におもちゃなのかな?と考えさせられます。

時代を反映する、流行り廃りはもちろんありますし、

感覚の共有としての面白さも、あります。

でも、教育や、発達課題、心に寄り添ってくれるおもちゃは、

流行り廃りの中で生まれるものではないと感じました。

 

確かな知識と、先人達の知恵と経験から受け継がれていく

そんなおもちゃについて、学ぶ貴重な1週間に感謝です。

 

 

写真-2017-02-07-18-17-40

馴染みのある言葉を見かけるたびに

帰国したんだなあ、と、ほっと一息

 

DSC08692

まずは、

たっぷりお湯をはったお風呂にはいりたいと思います…!笑